Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macの使えるウィジェット 「Easy Currency」

元を日本円に、日本円をドルに、ドルをユーロに、とにかく手っ取り早く換算したいときに使えます。今日は1元14円ですね。



「F12」を押してダッシュボードを出します。 Tiger用。続いて左下の「+」マークをおすとダッシュボードのウィジェット群が画面下部に並び表示されます。

desktop_dashboard

dashboard_widget



そこで、「Easy Currency」を探します。 見つからない場合は下部に出てきた左右両端の「1/3」などのボタンを押すと、リストが左右にスクロールして次のページを表示しますので、そこで探してみてください。

icon_easy currency



それを、「ドラッグ」してデスクトップにドロップすると、このウィジェットが出現します。それぞれ左右にあるリストから交換比率を見たいものを選び、数字を入れます。今回は中国元から日本円へ。150元は日本円でいくらかチェック。

easy currency





スポンサーサイト

Google Earth 3 操作編




「富士山」と検索してみて、日本の富士山にいきます。そのあと右上隅にあるマークに矢印を近づけるとこういうマークになります。




「N」をおしながらトラックパッドで左右に動かせば視点の方位が変わります。(もともとは北向き) 


 

横のバーをの中心のボタンを押しながらトラックパッドで上下に動かせば視点の高さが変わります。




上のバーをの中心のボタンを押しながらトラックパッドで左右に動かせば視点の傾きが変わります。(これが一番面白い) 




傾き変化を「富士山」のところでやる場合、高度は頂上やや上空で、上のバーを押しながら右に動かしてみてください。また左の欄の「地形」というところにチェックマークを入れておくように。



  

Google Earth 2 実行編

さて、アプリケーションにGoogle Earthを移動させたところから。
ドック内のFinderを押してから



shift+ コマンド + Aをおします。すると、アプリケーションのリストがでますので、その中のGoogle Earthをクリック。




するとGoogle Earthが起動。

今日のヒントは使い方について毎回違うアドバイスがでます、読み終えたら「閉じる」を押します。




左の空欄に例えば「東京タワー」といれてEnter。



すると、どんどん東京タワーに向かって視線が落ちていきます。













ここで、トラックパッド上で「二本指スクロール」を上下にします。そうすると視界が地表に接近したり、離れたりするのをコントロールできます。


また、左の空欄に「上海」と入れてEnter。
すると、視界が「東京タワー」から「上海」へと飛びます。











他にも日本の住所を入れれば、その住所にも飛びます。びっくりしますよ。
いろいろ試してください。











Google Earth 1




Google Earth のページをサファリのアドレスバーに入力。
http://earth.google.co.jp
そして「Enter」を押します。

するとGoogle Earthのホームページへいきますので、その左のダウンロードを押します。



そして「同意してダウンロード」を選ぶ。




ダウンロード開始。




ダウンロードが完了すると、こんなファイルがデスクトップにできますので、それをダブルクリック




ダブルクリックするとこんな表示が現われたあと、




すると、このウィンドウが開きますので、





Google Earthの上に矢印をもっていき、ボタンを「押しながら」トラックパッドをなぞって、左欄の「アプリケーション」まで持っていったあと、ボタンを放す。
この持っていって放すという操作を「ドラッグ&ドロップ」といいます。よく使うので覚えておいてください。





これで、Google EarthのプログラムをMacに移植できました。




今日はここまで。




iTunes - Podcastの登録




iTuneを使って無料のラジオをダウンロードします。今ではいくつかのキー局も積極的に参加しておりますので夜遅くで聞けないラジオや海外在住の方々にはお勧めです。

まず、iTunesを立ち上げて、「iTunes Store」をクリックします。するとしばらく接続中になります。



接続完了。こちらはオンライン・ミュージックストアです。



左の欄に「Podcast」というのがあるのでそれをクリック。




そうすると,ポッドキャスト専用の画面になります。




また左下の欄にはキー局の名前があるので、好きな局をクリック。今回はTBSラジオを選択。






すると、ズラーッとチャンネルがでます。



その中で今回は「アクセス」の画像の部分をクリック。
すると、そのチャンネルのより詳しい情報画面に移ります。




そこで、↑の場所の「登録」をクリック。




すると「購読」しますかと聞かれるので「購読」を選択。



そして、ダウンロード中。左の欄にもでます。




ダウンロードが完了すると、iTunes左の欄「Podcast」をクリックするとそこには今選択したラジオの内容がダウンロードされています。







ほかにも楽曲や、ラジオのトークも自動で購読できますのでトライしてみてください。



Skypeの使い方 エモーティコン 

スカイプでも絵文字を使って会話で来ます。会社内では「グー」や、「ウィンク」をよく使います。

絵文字パネルは水色で囲ったニコちゃんマークをクリック。



すると、右下にいろんな絵文字が整列したパネルがでてきますので、その中から自分の好きなものをクリック。




そして、例えばグーマークを選ぶと会話を入力欄に(y) とでます。それで「Enter」を押すと実際の会話欄には親指を立てた「グー」マークが表示されます。

これらは絵文字、顔文字という言い方とEmotion(感情)を現すicon (アイコン)の複合語としてのEmoticon(エモーティコン)とも呼ばれています。

隠しエモーティコンとしては、(flag:xx)でxxの部分に2文字の国コード(日本なら(flag:jp))を入力すると表れる 国旗アイコンや、(bow) (rock) (mooning) (finger) (bandit) (toivo) (drunk) (smoking)などのTPOを考えてやらなければならないものもあります。

こんどスカイプするときに試してみましょう。



Expose システム環境設定

今日のおさらい。

起動しているアプリケーションにはドック内のアイコン下部に、黒い三角マークが現われます。下の例では「ファインダ」「desktop Lyrics」 「Safari」「プレビュー」が起動しています。






一度に違うアプリケーションを開いている場合(例えばSafariでウェッブサイトを閲覧しつつ、iTunesで音楽を聴き、写真を編集しながら、スカイプでチャットしているなど)たくさんのウィンドウが現われてしまいます。

自分がいま見たいウィンドウを探すのにはExposeを使いましょう。
まず始めに左上のリンゴマークから、システム環境設定を選択。




その後”ExposeとDashboard”を選択。





そうするとExposeとDashboardの設定画面に。





もともとの設定では、
F9=すべてのウィンドウ
F10=すべてのアプリケーション
F11=デスクトップ
F12=Dashboard
ですが、いちいちボタンで操作するのも面倒なので、それぞれのアクションをディスプレイの四隅に割り当てます。するとポインターを割り当てた四隅に持っていくだけで、同じ効果が得られます。



本日設定したのは、ポインターの位置
→↑(右上)=すべてのウィンドウ 
→↓(右下)=デスクトップ
←↓(左下)=Dashboard
←↑(左上)=なし (リンゴマークを押すとき誤作動するのを避けるためなし)
に設定しました。

→↑(右上)=すべてのウィンドウ(を表示)


表示されたウィンドウのうち全面で見たいウィンドウの上にポインタを置き選択、クリックすればそのウィンドウが全面で表示されます。


→↓(右下)=デスクトップ(を表示)




←↓(左下)=Dashboard(を表示)




母親にこの動きをF9, F10, F11, F12で始めに教えて、その後コーナーポイントのショートカットで実演体験学習してもらったら「便利だね~」って喜んでいました。Macビギナーはこういうところから入ると取り組みやすいです。


電源入/電源切

遠い場所に住んでいる母親のために。一からの手解きエントリ。
「電源入/切」
電源を入れる際はMacの右にある電源ボタンでよろしいです。

重要なのは電源の切り方。
まず、Macの情報左側のリンゴマークを確認。



それをクリックすると、メニューがでてきます。
それぞれ

「システム終了」




「再起動」




「スリープ」



です。
矢印をメニューの上に持っていき、それぞれの青色になってからボタンをクリックします。

ただし、MacBookは蓋を閉めれば自動でスリープになりますので、いちいちこのメニューから選ぶ必要も滅多にありません。蓋を開ければまたすぐMacを使うことができますので、ちょっと休むくらいなら蓋を閉めるだけして、システム終了しないことをお勧めします。

もし、電源入れっぱなしで発火し火事になるのが怖い場合は、やっぱりシステム終了で電源を落としてください。


Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。