Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/114-e99c2889
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

中国の新労働法施行前に2000名大量解雇 - 制止される




中国の新労働法施行前に2000名大量解雇 - 制止される
http://epaper.dfdaily.com/dfzb/html/2007-12/18/content_28895.htm

中国の新労働法は突貫で作られた非雇用者有利の法律です。が、実際どのようになるかはその法律をどう解釈するかの裁判所次第?ってか、コネ次第でしょうけど。

で、一般に焦点となるのは
- 特別な理由なく解雇できない
- 3回契約更新したら終身雇用とする
- やむ終えず雇用者の理由で解雇した場合、賠償金を払う
などなど、上海各所でセミナーが開かれていますが、何せ2008年1月の施行前ですので答える行政側も具体的に答えることはできないでいます。もし、答えてそれを基準にされても困るからね。

そんなこんなで、みせしめ一発目。中国の新労働法施行「前」にかけこみで800名解雇しようとした会社が労働局に捕まりました。話し合いの結果、大多数がもとの職場に戻るとのこと。その他は解雇。

みせしめ二発目。かけこみで1200名解雇。長期勤務のシニアスタッフ対象。1月を跨ぐ契約を更新すると新労働法の対象になると思ったのか。話し合いの末、一部勤務上問題のある従業員を除いて、もとの職場に復帰。

要はこの二件の合計が2000人でそのうち合計100人が合意の上被解雇とのこと。

この二つとも閘北区(上海駅周辺)の会社です。この地区はもともと開発が遅れている地区なのですが、ここ数年たくさんの住宅/商業ビルができている一方、低所得者層が住む地区でもあります。埃と鉄筋、騒音、バラックなどのイメージです。




日本でも雇用問題が広がっていますが、中国は政策方針を舵を思いっきり左に切っています。労働者を保護するのを明文化するのはいいですが、いったいどこの企業がこんな強制的に雇えるのでしょうか。そんなことしていたら、職員が多いほど不良債権が増えそれが物価上昇、人件費上昇でダブルパンチ。倒産の連続になるんじゃないですかな?で、結果的に失業者を大量送出。舵を切りすぎて転覆かねない。


逆に、日本は派遣(業界)が随分政治的に優遇されていますが、(いろんな規模で)すべて正社員にしたとも現日本の業界にそれが可能な企業というのも限られているわけです。中国の労働法を日本で適用したら、これまた倒産が続出でしょうね。

結局中国も日本もどっちも転覆しかけていると思いますが、中国の場合はあっという間、日本の場合はじわりじわり、という感。

新しい産業でどんどん先端な業界を創出していく若いエネルギーが必要なのではないかな。その点、移民の英才を魅きよせ続けているアメリカと、若い人材が豊富な中国にその可能性はあるともいえるとおもいます。



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/114-e99c2889
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。