Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C223] コメントありがとうございます。

訪問コメントありがとうございました。
実際、よくわからない国ですね。
いえるのは 上も下も 騙しあっている国ではないのでしょうか?

今後ともよろしくお願いいたします。

目が離せませんね・・ 近くだからどうしようもありません。
  • 2008-01-14
  • 投稿者 : あきつ
  • URL
  • 編集

[C224]

あきつさん、
確かに中国(特に上海)での騙しあいは日常茶飯事だと思います。売るものに定価をつけない商人気質が原因の一つかも知れません。今後もよろしくお願いします。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/146-94d6cffe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

中国バブル崩壊関連のニュースは注意深く読むべき

自分は正直中国には悲観的観測をしてしまいがちです。

御家人さんやはらぺこおばけさん、産經新聞の福島香織さんによる圧倒される量の記事を見ると、「そうそう、中国やばいよね。」とつい納得してしまうのですが、はらぺこ おばけさんのエントリ「バブル崩壊 開始 中国」というので、サーチナチャイナの記事が引用されたので、興味深く読んでみました。

http://syokunoanzen.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_2476.html
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0111&f=business_0111_004.shtml

この件に関して、コメント通りの観測をするのは少し時期尚早なのかもしれない。




実は、自分は上海に不動産は持っていないのですよくは知りませんが、現在の借家を探す際に懇意になった中原不動産の合肥出身の中国人がいて、かれにこの事件について聴いてみたところこういう分析が還ってきました。

彼曰く、この「創輝租售集団有限公司」というのは、シンセンで一歩一歩地位固めをしていた不動産仲介業者で、昨年の7、8月上海の市場に殴り込みにきたという。おそらく上海の不動産が異常に盛り上がった昨年5月からの勢いを目の当たりにして、いても経ってもいられなかったのだろう。それからは怒濤の勢いで、(今から思うと無鉄砲に)店舗を改装、開店、経験なしに等しいセールスマンを矢継ぎ早に雇った。しかし、最大大手の中原不動産(130店舗)を優に越える200店舗をたった半年でオープンさせるための資金的体力は、2007後半期のシンセン不動産市場の冷え込みで続かず、一気呵成で上海不動産市場征圧の目論みはもろくも崩れ去った。上海の仲介業者内では一言。「エアバス級飛行機が飛ぶ前に墜落した。」という解釈で落ち着いているようです。


また、もともとはらぺこ おばけさんの記事で、

中国(支那)の不動産のバブルがはじけるようですね。


とコメントされています。

私も中国の不健全なバブルは崩壊を期待してやまないのですが、そう思ってしまうのもサーチナチャイナさんが出した記事が不完全なので致し方ないかもしれません。特にサーチナチャイナさんはシンセン市場の分析も掲載していなし、現地の同業者へのインタビューや聞き込みもしていない。それで

しかし、上海市内の店長らによれば、同社は不動産購入者からの購入代金をいったん深センの本社に集め、その後に上海の支社に入金していたことから、本社が資金を流用したのではないかという噂が流れていた。また業界には、同社の1店舗当たりの売上高が伸びていなかったとの声もある


などど報道されれば、日本で情報収集している人々は余計な誤解をしてしまいかねません(噂を書いたら東スポじゃないですか、裏とりなさいよ)。

実際に大方の仲介業者は不動産を保有していない、紹介のマージンをとるのが普通業務であり、これが潰れただけで不動産の崩壊とはいささか性急な判断だったかもしれません。

中国ではもうけ話には本当に行動が早く、博打を打って出るタイプの経営者がごまんといます。それがイナゴのようにたかり、かつてのmp3 player市場がそれのひとつで、参入企業が殺到したため過当競争もいいところ、全く儲からない部門になってしまったのを思い出します。

まぁ、自分は御家人さんの足下にも及ばない中国観察なので、サーチナチャイナさんには、それよりも店舗改装工事や店舗賃貸、施工業者及び従業員に対する未払いの給与の方が問題で、こっちのほうで暴動が起きてもおかしくないことを続けて報道してほしいところです。




どうやら、借り主は、契約成立時の家賃支払いを不動産業者を経由して貸し主に支払っていた、その分が還ってこないようです。また一部であるが資金がない購入者のために、不動産業者が不動産売買の一時的代行を行っていた部分が還ってこないようです。それを受けて政府がまた不動産売買の契約には「第三者の監督」が必要とのこと。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C223] コメントありがとうございます。

訪問コメントありがとうございました。
実際、よくわからない国ですね。
いえるのは 上も下も 騙しあっている国ではないのでしょうか?

今後ともよろしくお願いいたします。

目が離せませんね・・ 近くだからどうしようもありません。
  • 2008-01-14
  • 投稿者 : あきつ
  • URL
  • 編集

[C224]

あきつさん、
確かに中国(特に上海)での騙しあいは日常茶飯事だと思います。売るものに定価をつけない商人気質が原因の一つかも知れません。今後もよろしくお願いします。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/146-94d6cffe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。