Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C229] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-01-19
  • 投稿者 :
  • 編集

[C233] そんなにひどいのですか

mscさん、こんにちは。

北京の大気汚染はそんなにもひどいのですか。
ひとつきほど前、知り合いが喉を痛めて南京から帰ってきて、日本在住の南京人と「でも北京よりは南京のほうがかなりましだよねえ」と話しているのを聞き流していたのですが、丈夫で有名な二胡の老師が一週間北京に出かけ、ボロボロになって戻られたのを見て「これは本当かも!」と感じていたところです。

汚れを排除して生きるべきか、汚れに強い人間になるべく子育てをするか。うーむ。

[C235]

上海や南京は北京より乾燥していないので、埃の舞い方が違うかもしれません。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/151-a9fe788d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ひどい空気 北京

昨晩、帰宅途中に信号待ちしていたところ、隣に立っていたアリタリア航空のバックを持っていた欧州人が、なんと「ガスマスク」をしていた。 (口元が蝿みたいなやつです、まじで)

これは何かの冗談か、はたまた反大気汚染のデモンストレーションなのかと思う一方、手にはIKEAの生活雑貨を抱えていたので、グリーンピースなどの示威行動とは関係がなさそうだ。ちょっとびっくりする現地中国人歩行者たちを尻目に、彼はスタスタと久光を北へ去っていってしまいましたが。

って、ゆうか、そんな空気がひどいところでガスマスクつけなきゃならんのなら、「上海に来るなよ」と思ったが、真相は聞き出せなかった。聞いたとしてもガスマスクの下から漏れだしてくる回答を聞き取るのに精一杯だったろう。

しかし、これはかなりインパクトがあった。
1,000人規模で南京西路あたりでやれば、記事のネタになるんじゃなかろうか?


で、ところはかわって北京だが、ちょっと前から気に入っていたブログ、「Imagethief
Public relations, communication and interesting times in China」から、どれほど大気汚染がひどいのかを綴ったエントリを抜粋し、以下に和訳&意訳しておきました。




(和訳)
ひどい空気

北京の大気汚染については消極的な意見ばかり書いているのだが、にもかかわらず、特にここ最近の北京の大気汚染はひどい。「ひどい」という単語では表現しきれないほど「ひどい」。あまりのひどさに、既存の語彙では表現できないことように思える。

もはや辞書には頼れないので、しかたなく比喩表現を用いて、「いかに北京の大気汚染がひどいか」を表現してみようと思う。

......

最後の前の夜にランニングマシンで走ろうとスポーツクラブに行ったとき、ジムの天井にある電灯の下に円錐渦巻いている埃かすの塊を目にした。 今私に必要なことは、ランニングマシンでランニングをして、その埃かすの塊を私の肺に吸い込むべきか、それとも恐れをなして逃げるべきか。

仮にそのままランニングを続けたらどうなるか。例えていえば、自分の肺を物理的に取り出し、それをアスファルトに上下に激しく擦りつけ、路上に染みついたディーゼルすすや、石炭灰やたばこの吸い殻などを付着させ縫い直し元に戻すのと同じくらい体に悪いだろう。

当初のランニングするということは諦めて、自宅に戻りかわりにテレビを見ることにした。健康に収支表という概念があるならば、自宅でテレビを見ていたほうがまだ確実にプラスだとおもう...

http://news.imagethief.com/blogs/china/archive/2007/12/27/bad-air.aspx



オリンピックの合宿地も北京でなく、日本でという国が増えているそうなので、そりゃそうだなと納得です。雲南昆明あたりは空気もきれいでいいと思いますが。



スポンサーサイト

3件のコメント

[C229] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-01-19
  • 投稿者 :
  • 編集

[C233] そんなにひどいのですか

mscさん、こんにちは。

北京の大気汚染はそんなにもひどいのですか。
ひとつきほど前、知り合いが喉を痛めて南京から帰ってきて、日本在住の南京人と「でも北京よりは南京のほうがかなりましだよねえ」と話しているのを聞き流していたのですが、丈夫で有名な二胡の老師が一週間北京に出かけ、ボロボロになって戻られたのを見て「これは本当かも!」と感じていたところです。

汚れを排除して生きるべきか、汚れに強い人間になるべく子育てをするか。うーむ。

[C235]

上海や南京は北京より乾燥していないので、埃の舞い方が違うかもしれません。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/151-a9fe788d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。