Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/162-b08a4e31
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

百度とは何か?

百度とは何か?

baidu

宋の時代の詩人辛棄疾詩句にある「衆裡尋他千百度」という部分が由来。
360度周囲を見渡して探しても見つからないものは、実はすごく身近なところにあったという意味です。(実際はそのあとに「慕然回首,那人却在燈火闌珊処」と続きます。)


baidu top

サイトはほとんどgoogle似です。選べる検索種類は以下。
新聞 - ニュース検索 (google news似)
網頁 - ウェッブ検索 (google似)
貼口巴 - BBS掲示板 (某掲示板)
知道 - 人力検索 (はてな人力検索似)
MP3 - 楽曲検索 (該当なし、もしくは違法ダウンロードサイト)
圖片 - 画像検索 (google似)

となっております。


なかでも、中国国内で当初圧倒的シェアを取った検索項目は「mp3」。
baidu mp3

こちらはウェッブ上に流布している音楽ファイルを検索してリスト表示します。歌詞や中国版歌謡曲ランキングなど「勝手にパクってください」と言わんばかりの便利さです。一時期、訴訟問題になり検索結果をずーと下部に表示するなど、きめ細やかな加工を施していましたが、最近の動画隆盛や、他のファイル共有サイトの隆盛で、以前ほどもてはやされている感じはありません。




元ファイル先をリスト表示 クリックで試聴からダウンロードまでできる
baidu mp3 list


いわゆる検索精度なのですが、これがあまり芳しくない。もちろん、政府の規制も入っていると思われますが、まともな資料を調べようにも満足のいく結果がないのでどうしても他の非中国産検索エンジンにいってしまいます。



例えば、こちら「air china」(中国国際航空)と入れて、画像検索。ボーイングの機体が出てきたり、航空会社の画像資料が出てくるかと思ったのですが、結果はこちら。

767E5EA656FE7247641C7D22_air china

中国百度における「air china」検索結果1位の画像はこれ。
china air 1

検索結果2位の画像はこれ。
china air 2




ちなみにFlickrの「air china」検索結果はこちら。
Flickr: Search air china




以前日本からでは中国百度にはアクセスできませんでしたし、mp3検索は不可能でしょう。Shawn Wang(王湛生)氏が2007年12月27日に中国国内で事故死)はインタビューに際し、「このビジネスモデルを日本に移植する予定はない」とおしゃっていましたが、予定はないというよりできない、もしくは通用しないでしょう。

当面はグーグルもどきと掲示板、更に人力検索のごった煮状態で攻めるしかないようです。

それはそれ、CEOの李彦宏自身、インタビューで「国際化を果たせない中国企業は中国国内でも生き残れない。」とおしゃっていますので、案外日本製に改良された百度が、逆輸入で中国検索市場を再び席巻するかもしれません。


百度に関するインタビュー記事(日本語)
http://japanese.cri.cn/341/2006/12/14/1@81383.htm
http://it.nikkei.co.jp/internet/column/china.aspx?n=MMITbp000021122006&cp=1




一応、「中国国際航空」で検索した結果は以下。
模型のボーイングです...

767E5EA656FE7247641C7D22_4E2D56FD56FD9645822A7A7A
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/162-b08a4e31
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。