Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C321]

わたしお世話になりました^-^;
それで公安が通訳の方も呼んでくれました。
48時間以内の届出がちゃんとできてなかったからですが
公安側にも落ち度があったことと通訳の方が
ちゃんと説明してくれたので助かりました。
mcaさんも人助けみたいな感じでやられてたのではないですか?
私的には非常に助かり感謝しています。
  • 2008-02-27
  • 投稿者 : 小玉米
  • URL
  • 編集

[C322]

小玉米さん、
中国の届け制度は面倒ですよね、でも上海は特によくわからない不良外国人も多いですから、仕方な行っちゃ仕方ありませんね。

[C323]

「太実在 稀飯干飯茫茫 肥肉痩肉嘎嘎」っていうのは、食事がちゃんとできるように祈っていることです。茫茫は、多分「白茫茫」の略語、ご飯をさしているでしょう。嘎嘎は、四川方言では肉の意味です。

[C326]

nekonさん、
コメントありがとうございます!
「茫茫」も「嘎嘎」もわかりませんでした。略語と方言とは知りませんでした。ご指摘ありがとうございました。

[C330]

手書きの「歓度春節」が、町の交番て感じでいいですね。
里親制度なんていうものがあるって知りませんでした。
すごく希少な場面に立ち会われたんですね。
  • 2008-02-29
  • 投稿者 : 小翠
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/197-16393707
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

成都はいいとこ3

成都二日目は近所を散歩。

何も変哲のない街並、お正月休みでこれから出店の集まるお寺に出かけるのか、子供三人組。そのに貼られている「対聯」には、「太実在 稀飯干飯茫茫 肥肉痩肉嘎嘎」と書かれていました。なんて意味でしょう?


image_blog_CIMG7530










こちらはお世話してあげた公安。(公安のお世話にはなっていません、念のため)

image_blog_CIMG7521


お世話したというのも、この辺りは外国人が多く、よく外国人がこの公安局に来たとき、公安員は外国語がしゃべれないので、通訳するために呼び出されたりしました。

よく覚えているのは、オランダ人夫妻がこの公安局に来たとき。私は通訳してと呼び出され話を聞くと、かなり複雑な話がまっていた。このオランダ人夫婦は里親制度に登録していて、ある孤児の里親になるよう依頼されたのが8年前。

彼らは中国人の養子を二人預かった。その孤児は今は小学生くらいに成長しているが、実際はこの交番に8年前に届けられた孤児だった。道端に置かれているこの2人を成都の人が拾い交番に届けたが、交番自体は迷子扱いで処理しキリスト教が運営する孤児院に送られた。そののち、当オランダ人夫妻の登録する里親組織につながり、彼らがかわりに養うことになった。

今回、かれらがこの交番にきたのは、当時の資料を調べて、当時この二人を拾ってくれた方を探し、当時の状況から本当の親につながる何かを調べるためだった。もし、その人につながれば何かしら展開があるかもしれない。ひょっとして届けた人が実は出産した後育てられる自信がなく、捨て子扱いしたかもしれない。ひょっとして、捨てられていたこの辺り近辺に住んでいる人の子供かもしれない。そんな期待を抱いて、この交番にはるばるオランダからきたのだ。

私は彼らの成都旅行の理由を公安局の人に訳して話した。翌日、彼らは調査の結果、捨て子の記録はあるがそれらの資料は全て孤児院に渡して、自分らの手もとにはないという。

その夫妻はそれ以上は聞かなかった。滞在もあと3日だったので、ちょっとしたルーツ探求の旅をこの黒髪の東洋人養子二人にさせたかったのかもしれない。仮に実際に肉親が見つかって、「じゃ、お返し致します」ってなことには簡単にはならないわけだし。





--------

夫婦はコーカソイド系の金髪、本当の息子娘も完全にヨーロッパ人。養子二人はみため完全なる東洋人であったが、中国語は一切話せない。このままオランダに帰ったほうがいいと、わたしも心の中では思っていた。


この二人が成長して大人になったとき、再び中国を訪れるだろう。その時は自分たちでどのように生きていくのか、自分たちで決断していくのだろう。



で、なんで私はこんなこと手伝っていたんだろう?


スポンサーサイト

5件のコメント

[C321]

わたしお世話になりました^-^;
それで公安が通訳の方も呼んでくれました。
48時間以内の届出がちゃんとできてなかったからですが
公安側にも落ち度があったことと通訳の方が
ちゃんと説明してくれたので助かりました。
mcaさんも人助けみたいな感じでやられてたのではないですか?
私的には非常に助かり感謝しています。
  • 2008-02-27
  • 投稿者 : 小玉米
  • URL
  • 編集

[C322]

小玉米さん、
中国の届け制度は面倒ですよね、でも上海は特によくわからない不良外国人も多いですから、仕方な行っちゃ仕方ありませんね。

[C323]

「太実在 稀飯干飯茫茫 肥肉痩肉嘎嘎」っていうのは、食事がちゃんとできるように祈っていることです。茫茫は、多分「白茫茫」の略語、ご飯をさしているでしょう。嘎嘎は、四川方言では肉の意味です。

[C326]

nekonさん、
コメントありがとうございます!
「茫茫」も「嘎嘎」もわかりませんでした。略語と方言とは知りませんでした。ご指摘ありがとうございました。

[C330]

手書きの「歓度春節」が、町の交番て感じでいいですね。
里親制度なんていうものがあるって知りませんでした。
すごく希少な場面に立ち会われたんですね。
  • 2008-02-29
  • 投稿者 : 小翠
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/197-16393707
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。