Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C374]

昔ながらの風習が残っているのはほっとしますよね。
人が多いのは閉口しますが…。

成都には、いつまでもゆったりした時間が流れていてほしいものです。
  • 2008-03-11
  • 投稿者 : 小翠
  • URL
  • 編集

[C376]

小翠さん、
人は多いですね、成都はときにそう感じます。ゆったりするといえば、郊外の植物園、双塔などがいいですよ。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/207-26c61bf4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

成都いいとこ9 文殊院

旧正月元旦には「文殊坊」をとおり、「文殊院」へ。前日、入場券とお線香は買っていたのでスムーズに入ることができました。日頃は向日葵の種を食べながら新聞を読んだり、麻雀をしたりする市民の憩いの場でしたが、今日は人の浪。


z_monjubo

z_saisen





文殊院の行列

こんなに人が来る寺院も珍しいかもしれません。私の記憶では寺院内に4階建ての塔があり、そこで夏の暑い日差しを避けるように、木陰に隠れながら四川緑茶「碧螺春」「竹葉青」を啜ったものです。また、記憶がやや曖昧ですが、「ワイルドスワン」という伝記でも登場したかと思います。本を読んでいるとまた面白いですね。

z_gyoretsu

z_naibu-teien

z_naibu





御利益祈願のかたち

成都で過ごした4年間のうち、全て成都で春節を過ごしています。成都の住人たちは春節は家族、親戚一同が集まって食事をしますが、三ヶ日は親戚同士でどこかへドライブに出かけたり、レストランをはしごしたり、日頃行かない場所へ皆で出かけます。

文殊院も日頃は来ない市民たちも退去して押しかけ2008年の御利益祈願にきます。以下はそれらの一部を写真に収めました。親子連れが多いですね。成都の人々の雰囲気が伝わるかな。

sono1

z_sono2_1

z_sono2_2

z_sono3

z_sono3_2

z_sono4

z_sono4_2

z_sono5

z_sono6

sono6



私は実家が神奈川なのでよく大晦日の夜中に鎌倉街道を自転車で走り、鎌倉の鶴岡八幡宮に参拝したものです。当時はお神酒目当てに境内で行列に混じり、屋台で売られているりんご飴を食べながらカウントダウンをしました。

明け方は鎌倉の海岸で初日の出をみて...それとは違いますが成都で過ごした春節はちょっとホッとさせるものがありました。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C374]

昔ながらの風習が残っているのはほっとしますよね。
人が多いのは閉口しますが…。

成都には、いつまでもゆったりした時間が流れていてほしいものです。
  • 2008-03-11
  • 投稿者 : 小翠
  • URL
  • 編集

[C376]

小翠さん、
人は多いですね、成都はときにそう感じます。ゆったりするといえば、郊外の植物園、双塔などがいいですよ。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/207-26c61bf4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。