Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/216-2e2f82bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

How Fast is the Sky Falling? 空はすごいスピードで墜ちている?

なかなか燻りが冷めないなか、ブログを探していたら「あぁ、こんな感じ」とおもうエントリにぶつかったので引用します。

Don't expect the Chinese government to listen and understand. Face is just too important. Accepting others' view is a sign of weakness to China, rather than sign of enlightment, and is a big loss of face. That is one of their character "strength"

中国政府に傾聴と理解を期待してはいけない。「面子」はもっとも重要な部分だ。他人の観点を受け入れるというのは、中国社会では「開明さ」のサインではなく、むしろ「弱さ」のサインととられる、そしてそれは「面子」を大きく損ねるものだからだ。「面子」は「強さ」であり、中国人の性格を形成する一大要素なのだ。




特に、この「世界の屋根」で起きている事件に,
直に触れられないメディアや、個人的に中国と繋がりのある方、(自分も含めて)もおそらくは以下のような気分なのかも知れません。

Huge question marks are floating in the air. How they are answered will affect many of us. I can't say I am optimistic about either issues one or two. I suspect a lot of us are simply trying to ignore these developments, willing ourselves into a self-induced coma. Maybe that's actually the smartest thing to do. Watching the dramas on both sides of the world unfold is simply too depressing and infuriating.

恐らく多くの人々が単にこの「世界の屋根」からの事件を意図的に無視しようと試みている、人工的な昏睡状態に陥るのを受け入れている。それは確かに賢い選択だ。ここで演じられている世界のドラマ*は、ただただ、視聴者を落ち込ませたり、ひどく腹立たせるものだから。



*注)このブログの作者はアメリカの経済についても一つのエントリ内で言及していますが、話題としては全く別のものなので訳は割愛しました。詳しくはこちら





************


ただ自分は人様の迷惑にならない程度で、言いたいことは言いたいのです。以下は私の個人的不満なので、気に入らなければ無視してください。

日本のごく一般的に常識が備わっている方で、中国に経済的依存の全くない方にとって、今回の事件は毒ギョウザと同一の構造だと理解できるでしょう。検査結果は自分たちのみ、外の検査員は入れない、いれてもお掃除後。また、犯人は自分たち以外の示唆、捏ち上げ。中国国内の報道では、ダライラマとその国内外一派による反乱だそうです。

餃子に毒盛ったのは誰だって示唆していましたっけ?日中の関係を妬む反乱分子の可能性?なんか中国のドラマの展開についていくのが疲れてきましたよ、本当に。



◯NN、BB◯、香港メディアなど、外国メディアは締め出し。ホテルに勤務、滞在の方は衛星チャンネルでみれるそうですが「T◯bet」というNGワードが入ると画面が黒くなるとのこと。これは中央のメディア監督部がいちいちモニターで見ながら、NGワードが入るたびに手動でシャットアウトしてんですかね?これもオリンピックに向けての予行演習の一つかもしれません。

ちょっと本当にそんな◯◯なことしているのか確認したいです。



また、私の知るところでは、ドイツ、ノルウェー、デンマーク、イタリア、フランスと中国に駄目だしです。そして、そういったサイトには「金盾」で中国国内からは直接アクセスできません。今日昨日です。またブログ内にあったコメントで世界と中国の対話はいつもながらこんな感じと言うのに賛同。

World: "China, you've got to treat the Tibetans more fairly."
China: "We are treating them fairly."
World: "That's not what we're seeing and hearing."
China: "Then you are being misled by propaganda."
World: "Umm, I think we know what's true and not. We believe it more than what you're telling us."
China: "So you say China lies? Hey you racists, shut up!"
World: "No need to be rude - we have our own point of view."
China: "CHINA SAY WHAT IT LIKES AND YOUR POINT OF VIEW MEANS NOTHING! CHINA HAS SOVEREIGNTY OVER TIBET - GO AWAY FOREIGN TROUBLEMAKERS!!"



************




私の出会った賢明な中国人友人の名誉の為に言及しておきますが、全部の中国人がと言うわけではないです。しかしながら、とりわけ利害が絡み「関係」的に疎遠なものの間で起こるもめ事、不動産契約やら、交通事故、道端でみる喧嘩や、会議のなかでも中国人は、敵対する相手の話を聞かないし、相手の意見が終わるまえに覆いかぶせるようにでかい声で反論する傾向があるのは確かです。(上記の大文字のように、強い語気でツバ飛ばしてきます)

それを世界規模でやっている...


もう見慣れた光景だし、こんなものなんだと諦めている部分もあります。そういった点で、もう中国は無視したい気分になっているのは確か。





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/216-2e2f82bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。