Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/39-362a4f3d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

上海蟹 偽物防止方法いろいろ

上海蟹 偽物防止方法いろいろ (参照

2003年 
蟹の甲羅にレーザーで刻印



2004年 
蟹の手に指輪設置



2005年 
蟹の手に偽物防止を強化した指輪設置



2006年 
その指輪に「原産地域商品保護標識」を追加




2007年 
昨年追加した「原産地域商品保護標識」の底の色を変更



ちょっと笑った、こういう人たちだとこういう市場なんだなって。

陽澄湖大閘蟹行業協會:按照協會保守估計,僅陽澄湖養殖水域附近,毎年假蟹起碼是真蟹的5至10倍,全國的真假蟹比更是在1比10以上
■ 陽澄湖大閘蟹養殖戸:外面人説陽澄湖大閘蟹是青背白肚,現在就有人把池塘裡的蟹抓出來放在稀釋硫酸裡面泡白
■ 蘇州市質量技術監督局:打假渉及質監、農林局、漁政等各個相關部門,平時打假渉只是松散的部門,而且造假售假者往往鑽的就是行政的漏洞
如果陽澄湖大閘蟹能開口,它們一定首先抱怨複雜的籍貫證明。
明天,首批陽澄湖大閘蟹將亮相上海。但在正宗蟹上市之前,真假陽澄湖大閘蟹的問題已開始讓消費者?惑―――按照陽澄湖大閘蟹行業協會的説法,在規定的統一上市日前,已上市的各類“陽澄湖大閘蟹”,應歸入假蟹的範疇。“按照協會估計,僅湖區範圍内,假蟹和真蟹的比率至少是5:1。”相關人士説。



「本物の見分け方」
陽澄湖上海蟹協会の統計の結果、毎年市場に出回る偽上海蟹は、本物の5倍から10倍の量とのこと。

また業者がいう本物と偽物の見分け方なのですが、「青い背中に白い腹」だそうです。ただし!偽業者は硫酸を用いて腹を「漂白」するそうです....

市内で「陽澄湖大閘蟹」と看板をあげている店でも偽物と本物がごちゃ混ぜ状態。同じ店内であっても偽物と本物の比率は5:1だそうです。ちなみに昨年の統計で上海市での陽澄湖大閘蟹の消費量が5,000トン、また今年陽澄湖で実際に生産される陽澄湖大閘蟹は2,200トン、そのうち上海に出荷されるものが500トン。

つまり今年上海の蟹消費量が同じとした場合、10匹のうちわずか1匹が本物。


また本物の定義は要は「陽澄湖大閘蟹」は陽澄湖で育ったものしかそういう名称にしてはいけない。しかし、陽澄湖で育ったものでなくとも、陽澄湖に持ってきて店を出していれば陽澄湖の水にチョコチョコッとつけてから、はい、陽澄湖大閘蟹のいっちょあがり。もとが60元/kg、がこの湖に持ってきて売れば200元/kgで売れてしまうのだから、偽物業者もそれを裏で操作するものも、後を絶たない。

「防犯指輪とは?」
防犯用の指輪なのだが、正規ルートで出た蟹の指輪に設置されるもので、番号が登録されている。その番号を携帯のショートメッセージで管理部門に送ると本物か偽物かがすぐにわかる仕組み。ただし、陽澄湖の漁民が徹底して従うわけでもなく、指輪はICカード登録を用いて業者に発効されるのだがその業者が指輪を横流し。

さらに、驚くことに指輪番号登録制「そのもの」をハックして、自己流指輪登録システムを構築する業者もいるとのこと。指輪のデザインは本物とそっくりで、番号と携帯ショートメッセージ発送先の番号が違うだけ。

そこまでやるか普通(笑)


そして規則が崩壊し、システムの価値と信用性が瓦解し、毎年変わらず偽物だ本物だという無駄に疲れる狂想曲が始まる。明日から上海に出荷だそうです。

幸い私の妻は蟹嫌いなので上海滞在3年にして一度も食べたことがありません。今年も食べないでしょう。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/39-362a4f3d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。