Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/42-44f63cab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

世界無車デー




「世界無車デー」

いま上海のタクシーをみると、緑色の旗がついているのに気づくと思います。運転手に聞いたところ、9月22日は上海に於ける「世界無車デー」、個人車が運転できない日になります。(タクシーやバスなどの公共交通機関、救急車、警察などをのぞく)違反者には罰金。


「渋滞の解消にはならない」
タクシーの運転手曰く、渋滞の解消になるどころか、通行規制を掛けた大きめの通りの渋滞分が、脇道にしわ寄せされて結局渋滞を悪化させると。また、罰金を厳しく取るかも問題で、さすがに党幹部(またはその関連、またはその親戚、又はその友達)の車に厳しく対処しようものならその警察官の首が飛ぶし、厳しく徴収しようとすれば、納得しないで食い下がる運転手のために、違反車ごとに1時間ぐらいの処理時間がかかるでしょう。

中国政府は形だけで中身が伴わないことばかり、と運転書がため息つくのも理解できます。



「その場しのぎの対応」
実際、今上海ではサッカー女子ワールドカップが行われているそうですが、街にはその雰囲気はありません。誰も応援していません、ていうか、もともと上海人はサッカーよりも株や、金儲けに熱中です。関心がもともとありません。

国を挙げてのスポーツイベントのため、それではいかん。で、政府は地区組織委員会に、この土日地区内のご婦人方子供らを統率して、中国女子サッカーチームの応援に駆けつけるようにと招集をかけたそうです。この運転手は実は今日その「やっつけ応援団」をスタジアムに送ってきたばかりとのこと。

つまりいいたいことは、スポーツイベントも、無車デーも、3ヶ月前に施行された「クラクションむやみに鳴らしたら罰金」ルールも、表面だけで終わってあとは徐々に忘れ去られていくというものらしい。それも中国庶民が培った、伝統的な対統治者向けのテクニックなのでしょう。どうなるか、要観察。



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/42-44f63cab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。