Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/63-becf6ad4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

イタリアについて ローマ

初のヨーロッパ旅行
今回、自分自身初めてのヨーロッパ旅行とのことで、純粋に旅行を楽しむと同時に、日本、中国、ヨーロッパの三点から感じることを立体的に捉えることも楽しみの一つであり、またそれ相応の収穫もありました。また天候にも恵まれそれぞれの国の最高の季節を楽しむことができました。

今回の旅はローマ4日間、ナポリ3日間、フランクフルト3日間の日程で進行。記憶が薄れてしまうまえに、感じたことを書き留めます。

ローマ
最強の観光都市
市内の至る所に世界遺産級の遺跡群が散りばめられているのはさすが。どこを歩いても旅行者の眼を飽きさせない。バチカン、サンタンジェロ城、ナヴォーナ広場、コロッセオ、カラカラ浴場、フォロロマーノ、トレビの泉、パンテオン、ポポロ広場...今回、特に美術館巡りをすっ飛ばしたもののそれでも4日間では見尽くすことができない。

遺跡の足かせ
上海のバンドも1920年代の旧建物をそのまま利用しているがローマのものは年代の古さも規模も桁違い。ローマの遺跡、旧建物を一つのアミューズメントパークに例えるなら、上海のそれは入り口付近の柵に過ぎない。それが故に、古い至高の芸術作品は街中至る所で楽しむことができるが、故に新しい建物も新しい肖像も目にすることはない。実際、現代芸術のポートレートを展示する催しがあったが、既にある歴史的芸術に圧倒されて、この街に似つかわしくない。

車両と歩行者どっちが先?
一番確認したかったのが、車両と歩行者の関係。中国では車両が歩行者より優先みたいな状況ですが、ローマでは歩行者優先でした。しかも、笑顔の目配せで「さぁ、渡りなさい」と道を譲られることが多々あった。やっぱり中国が異常。これはナポリでもフランクフルトでもそうだった。キリスト教による弱者には手を差し伸べるみたいな伝統ですかね。日本はその点、非常に教育が行き届いている、宗教による倫理観念がなくとも。

コーヒーと煙草
あとBar (バール) と呼ばれるコーヒースタンドでは0.8EURO(約150円)でエスプレッソ一杯。大体はユニフォームを着用したかなりかっこいいバリスタが入れてくれるのだが、これぞイタリアって雰囲気でした。私はいまは禁煙してますが、このコーヒーを飲みながら煙草を吸えたらなかなか煙草が辞めれないでしょうね。それでかどうかは知りませんが、煙草の吸い殻が道ばたや地下鉄の換気口などに溜まっていました。日本だとついつい缶コーヒーのなかに吸い殻を入れられてしまいそれもそれで問題ですが、コンビニや自販機がないローマではこの煙草の吸い殻は捨て場所がない。携帯吸い殻入れも普及してない。景観的に減点。公共の場で(レストランを含む)煙草を吸うと罰金なので、イタリアの愛煙家は大変でしょうね。

アフリカとトルコ
意外な印象ですが、アフリカ系と思われる路上で偽高級バッグや貴金属などを売っています。バチカンの大聖堂から美術館までだいたい毎朝観光客の長蛇の列ができるのですが、その列に並行してアフリカ人が立ち並んでそれらを売ろうとしています。かなり印象悪いです。
また、車店舗型のGELATERIA(ジェラート屋)やTABACCHI(雑貨、飲料水)、パニーニなどの軽食を売っているのがそこら中にあるのですが、衛生的によろしくないし店の店員が大体イタリア人には見えない。北アフリカかトルコ辺りから来ている人種だった。


バチカン大聖堂から美術館までの通り


GELATERIA

路駐問題
路駐がひどい。空港から初めてローマ市内に入ったときは真夜中だったが、道の3分の2は路駐で埋まっていた。しかも、路駐区域に線が引いてあるのでそういうものなのかと思いきや、車線区切りの植え込みにまで駐車されている。昼間に確認したところ、1時間1EUROと書いているので結構値段も高い。大きなパーキングスペースというものが造れないためだろうか。新しい建物を造ってはいけない、地下を掘れば遺跡が出てくる、仕方なく路駐を黙認。それがかえって景観を駄目にしているし交通もごちゃごちゃになる。


路駐 至る所がこんな感じかもっとひどい


その解決策としてか、二人乗りの乗用車Smartをよく見かける。これはかなり小さく可愛いが、太っちょの人が乗ると窮屈そうでした。会社の営業が走り回る程度ならこれでいいかもしれませんが。駐車時や税金等で優遇措置があるのかな。


二人乗りsmart

地下鉄へ続く...









スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/63-becf6ad4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。