Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C59]

犬がこんなにのんびりできる国なんですねぇ。
こんな写真や中国を見てると日本人って
なんて忙しい人種なんやろって思ってしまう。
快適な生活と安全を手に入れても本当に
幸せなんだろうかとたまに疑問に思う・・・。
  • 2007-10-22
  • 投稿者 : 小玉米
  • URL
  • 編集

[C60] ナポリいいな

Dragon_eye はローマまでは行きましたが、ナポリは行けなかったのが残念。
それにしても、写真がメチャきれいですね。差支えなければカメラやテクニックなどを教えてください。
また、リンクをありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきました。
  • 2007-10-23
  • 投稿者 : Dragon_eye
  • URL
  • 編集

[C61]

小玉米さん、
たしかに日本人の時間に対する概念は細かいですね。ローマ銀行で両替に一時間かかりました。かなりのんびりです。

Dragon_eyeさん、
写真はたぶん天気がよかったせいです。ただ、逆光を避けると空の青がくっきりします。あとは遠近法の消滅点を意識した構図で、それっぽく。カメラはCASIOのZ-600です。

[C62]

Dragon_eye はOptio M20 です。
スペックを調べてみましたが、F値がこちらの方が大きい事と画素数が大きい事が特に暗い場面での画質に出ているような気がします。
今度買い換える時には気をつけることにします。
  • 2007-10-23
  • 投稿者 : Dragon_eye
  • URL
  • 編集

[C63]

近い被写体がぼけないような機能が、かなり使いやすいです。
画素数は最高600万画素ですが、節約のため写真は一枚2Mに設定してます。印刷してもギリギリ耐えられる画質です。Huginという無料ソフトで作ったパノラマ写真もありますのでよかったらお暇なときにご覧下さい。
feed://api.flickr.com/services/feeds/groups_pool.gne?id=27528337@N00&format=rss_200

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/69-b49ff168
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ナポリ ディープなイタリア

到着してからタクシーでJolly Hotelへ。


伝統的な欧州の街並は教会以上の高さをもつ建築の存在を許さないなかで、どうかいくぐったのかナポリで唯一高層のホテル。朝焼がきれいで、背面の丘もサンタルチア港も眺望できる。






最悪のナポリ・タクシー
駅前から乗ったタクシーはひどい。一回目は故意にメーターを下ろさないで15 EUROほどふっかけられた。二回目はメーターを倒しても下車時に細工したメーターで5 EUROほどふっかけられた。3日間の滞在中タクシーに乗ったのは2回だけ。

しかし、一般ドライバーたちは歩行者には道を譲るし、信号のない場所でも進んで停車し歩行者に信号を渡らせる場面に何度も出くわした。運転手は嫌々ではなく「渡りなよ」と余裕の目配せをしてくるので、この点は中国よりもまたむしろ日本よりも快い感じはある。

また昼間、ナポリ中央駅からサンタルチア港までの道は、昼間でも渋滞がひどく汚いが、夜中は更にひどい。各商店のシャッターも降り、スプレーで描かれた落書きが目立つ、野良犬もいるし照明も暗い。ゴミは集積されても何日も片付けられていない。








しかし人々は陽気
もちろん、すべての人が殺伐としているわけではない。オレンジを目の前で搾ってくれるおばさんも、バールの店員もやさしい。夜八時頃ではまだ賑やかな街で、綿菓子やらアイス売りやら街角オーケストラなどが見られた。娯楽がないからなのだろうか?
カフェ


アイス屋


綿菓子屋


ミニ路上オーケストラ




あの人もナポリ出身
日本で活躍するイタリア人代表、パンツェッタ・ジローラモ氏はナポリ出身。(パンツェッタが姓、ジローラモが名)いまはちょい悪親父のモデルとして活躍しているが、彼を見たイタリア人が、あれがイタリア人を代表していると思わないでくれ、といったとか。

初日、ローマ銀行に外貨両替に行った際、ロビーにいた職員が近づいてきて、いきなり握手を求めてきたので、握手してしまった。「何かようかい、兄弟」みたいな感じでちょっと退いたが、あう人あう人に握手をしている彼を見て、これが南イタリアか、と。
banck di roma



見知らぬ初対面の相手でも速効で仲よくする癖がいかにも怪しいが、仲よくなればとことん優しいところは、中国人(特に北方)にも通じる部分がある。ファミリー感覚か。対人関係では距離を置くイギリス人やドイツ人、もちろん日本人が慣れるかは疑問。



野良犬と昼寝
ナポリの王宮そばの広場についたのだが、子供がサッカーをしたり、家族連れで散歩しているなかに野良犬がごろごろ。狂犬病が心配。この街は一体のんびりしているのか、はたまた危険なのか、不思議な街だった。







しかし、ナポリは独特の歴史と、人々、そして文化を持っている。これを現代風に換えることは難しいだろうし、人々もそれを望まないかもしれない。たしかに、「ナポリを見て死ね」と言われるのは風光明媚なことについてであり、街や人がイタリアの代名詞になってはならないと感じた。ナポリファンには申し訳ないが。

スポンサーサイト

5件のコメント

[C59]

犬がこんなにのんびりできる国なんですねぇ。
こんな写真や中国を見てると日本人って
なんて忙しい人種なんやろって思ってしまう。
快適な生活と安全を手に入れても本当に
幸せなんだろうかとたまに疑問に思う・・・。
  • 2007-10-22
  • 投稿者 : 小玉米
  • URL
  • 編集

[C60] ナポリいいな

Dragon_eye はローマまでは行きましたが、ナポリは行けなかったのが残念。
それにしても、写真がメチャきれいですね。差支えなければカメラやテクニックなどを教えてください。
また、リンクをありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきました。
  • 2007-10-23
  • 投稿者 : Dragon_eye
  • URL
  • 編集

[C61]

小玉米さん、
たしかに日本人の時間に対する概念は細かいですね。ローマ銀行で両替に一時間かかりました。かなりのんびりです。

Dragon_eyeさん、
写真はたぶん天気がよかったせいです。ただ、逆光を避けると空の青がくっきりします。あとは遠近法の消滅点を意識した構図で、それっぽく。カメラはCASIOのZ-600です。

[C62]

Dragon_eye はOptio M20 です。
スペックを調べてみましたが、F値がこちらの方が大きい事と画素数が大きい事が特に暗い場面での画質に出ているような気がします。
今度買い換える時には気をつけることにします。
  • 2007-10-23
  • 投稿者 : Dragon_eye
  • URL
  • 編集

[C63]

近い被写体がぼけないような機能が、かなり使いやすいです。
画素数は最高600万画素ですが、節約のため写真は一枚2Mに設定してます。印刷してもギリギリ耐えられる画質です。Huginという無料ソフトで作ったパノラマ写真もありますのでよかったらお暇なときにご覧下さい。
feed://api.flickr.com/services/feeds/groups_pool.gne?id=27528337@N00&format=rss_200

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/69-b49ff168
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。