Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/82-37ef2cf1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

フランクフルト ストライキ

フランクフルト ストライキ






実はフランクフルトからヴュルツブルグへ往く際、鉄道がストライキに入っていました。鉄道組合が賃金や職場待遇の改善のために行うようです。実際は長距離のICE等を除いた各駅停車の間引き運転で、旅行にはさして影響はなかったのが幸い。



駅にはストライキで突如キャンセルになる電車に乗れなかった乗客たちが、あちこちに彷徨っていました。とくにドイツ語がわからない場合、かなりきついと思います。でも、ざわついたりはしなくて、暴動になりそうな予感も感じません。中国じゃ大混乱なところ。



しかし、ストライキでイメージが悪くなるといけないので、バイトの学生か職員の子供たちでしょうか、駅構内でかごに入れたジュースを配っていました。(その日は土曜日)「ストライキで迷惑かけてごめんね、鉄道会社が悪いのよ、だから応援してね」って感じでいい笑顔してました。しかし、以前NHKで放送された清掃業者のストライキのおかげで、溜まったゴミが何週間にわたり放置されていて、市民も困っているという番組を見たことがある。後始末のいいストライキってのもさじ加減が微妙ですね。

欧州はもともと階級社会で、貴族、平民、聖職者のクラスがはっきりしていたので、共産主義の階級闘争なんてのはまさしく目の前に見える現実だったわけで。労働組合やストライキがこうも身近なのもなんか考えさせられます。

今読んでいる本「肉食の思想」は、まさに自分の頭を整理するのに適している秀逸な本でお勧めです。

日本でストライキってありましたっけ?どこかの国はストライキの連発で閉口しているようですが。中国でのストライキってでも聞かないですね。

まあ、無事乗れて安心、したのでした。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/82-37ef2cf1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。