Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C87]

お疲れ様でした。
  • 2007-11-10
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C88]

個人的には懐かしさと共に大変楽しませていただきましたよ。
写真もきれいですし。
最後に書かれた旅の感慨には頷くばかりです。
  • 2007-11-10
  • 投稿者 : Dragon_eye
  • URL
  • 編集

[C89]

最後の感想がいいですね。
旅行に行くと若い頃は寝る時間ももったいなかったなw
連休があると次はどこに行こうかとか(日本国内ばっかりですが)
でも旅行ってよいもんですね^^
  • 2007-11-10
  • 投稿者 : 小玉米
  • URL
  • 編集

[C90]

Dragon_eyeさん、
旅から1ヶ月、やっと句読点をつけれました。そのあと妻のご両親と親戚の伯父おばが上海に来て来れまた忙しくなってしまいました。中国の株やら人民大会などいろいろあったんですが、来週から新聞読みももぼちぼち再開します。

[C91]

小玉米さん、
実は自分、旅中はほぼ毎日、日の出よりちょっと早く起きていました。楽しいことがあると寝坊しないですね、貧乏性なのかも。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/83-afce7219
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

フランクフルト レーマー広場

フランクフルト レーマー広場

フランクフルト駅から徒歩で20分ほどで到着。当日の午後帰国のため、午前中だけさらっと観光してきました。妻曰く、フランクフルトに来る出張者を必ず連れてくる場所だったそうです。

中国と比較しては大きさが違いすぎてしまいますが、上海の人民広場みたいな位置づけでしょう。フランクフルトにしては人が多いです。(ドイツレベルでの人が多いです、念のため)





広場にはビア樽テーブルでビールを飲む方、外はけっこう寒い...

ミュンヘンでもオクトバフェストがあったのですが、鉄道のストもあるしビールのために片道3時間かけてもなぁ、とあきらめました。その代わり空港で初めてドイツビールを。案の定、上海でもドイツ料理やビールは楽しめるので、たいした感動はありませんでした。それもそれで悔しい...

何でも経験とはいいますが、経験しすぎるのも事象に対して鈍感になったり、どうでもいいことにわざわざ感動をこしらえたり...(旅行中なのに犬の写真ばっかといわれましたし)



このトラムも静かでいいですね。っとのんびり妻が用事を足しているところ、待ちぼうけしていたのですが、隣から中国語をはなす若い学生風女性たち。全部聞こえているよー。

また駅に戻る際、中国語で「銀聯カード利用可」(中国のデビットカード)と掲げている土産物屋があったのですが、どう見ても怪しい店員4人。それこそ蛇頭をつかって密入国してきたぽいやつら。あー、やだやだ。しかも、彼らのしゃべっている中国語わかるし、自分...




マイン川沿いに歩くと上海のバンドほどではないものの、教会が見えたり、自然の白鳥が足下までよって来たり、河の反対岸ではフリーマーケットがあったり。


今回の旅行はこうして終わりました。

青臭いほど若かった頃は、世界一周旅行している様々な人達のホームページを覗いたり、感動をむさぼりたかった感がありますが、以前ほど旅に対して感動がありません。淡白になった?いまニューヨークに行っても、多分そこそこの感動しかないかもしれません。

それよりも、ピアノで楽曲が弾けるようになったとか、作った料理がうまかったとか、そんなちいさなところで感動している自分が、より家庭的になってきたのかなぁとも思えてきます。そういった心の変化を経ているせいもあり、今回の旅のお気に入りは「ヴュルツブルグ」。都市として自然と歴史、文化、食事、全てバランスの取れた成熟した街でした。

「ナポリ」はなんでもあり、テンションあげて盛り上がろう!という街。20代できていたら、スッゲー!ってはしゃいでいたと思いますがはっきりいってもういいです。中国と大して変わりません。

「カプリ島」はナポリ圏ですが別格でいいです。ナポリを見て死ねというより、カプリを見て死ねと言ってもいいです。これは若い頃は「けっ、観光地かよ。」みたいな態度で廻っていたかもしれません。

写真中心で大した考察もなくお粗末でしたが、どなたかまた私たちのルートを廻るかもしれない方がたまたまいて、たまたまググってきてくれたときにでも参考にしていただければ幸いです。
スポンサーサイト

5件のコメント

[C87]

お疲れ様でした。
  • 2007-11-10
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C88]

個人的には懐かしさと共に大変楽しませていただきましたよ。
写真もきれいですし。
最後に書かれた旅の感慨には頷くばかりです。
  • 2007-11-10
  • 投稿者 : Dragon_eye
  • URL
  • 編集

[C89]

最後の感想がいいですね。
旅行に行くと若い頃は寝る時間ももったいなかったなw
連休があると次はどこに行こうかとか(日本国内ばっかりですが)
でも旅行ってよいもんですね^^
  • 2007-11-10
  • 投稿者 : 小玉米
  • URL
  • 編集

[C90]

Dragon_eyeさん、
旅から1ヶ月、やっと句読点をつけれました。そのあと妻のご両親と親戚の伯父おばが上海に来て来れまた忙しくなってしまいました。中国の株やら人民大会などいろいろあったんですが、来週から新聞読みももぼちぼち再開します。

[C91]

小玉米さん、
実は自分、旅中はほぼ毎日、日の出よりちょっと早く起きていました。楽しいことがあると寝坊しないですね、貧乏性なのかも。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/83-afce7219
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。