Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/94-8568d7bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

山中伸弥教授 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成 ヒトでも成功 京都大学再生医科学研究所

人間の皮膚から万能細胞 京大教授ら、再生医療へ前進
2007年11月20日23時40分

 人の皮膚細胞などに複数の遺伝子を組み込み、各種の組織のもとになる万能細胞(人工多能性幹細胞=iPS細胞)をつくることに、京都大・再生医科学研究所の山中伸弥教授らが成功した。21日、米科学誌セル(電子版)に発表する。米ウィスコンシン大も同日、米科学誌サイエンス(電子版)に同様の成果を発表する。人間の体細胞から万能細胞ができたことで、臓器や組織を補う再生医療が現実味を帯びてきた。


ヒトiPS細胞作製の流れ

 代表的な万能細胞の胚(はい)性幹(ES)細胞は、生命の萌芽(ほうが)である受精卵を壊してつくるので批判が根強い。山中教授と高橋和利助教らは昨年8月、マウスの皮膚の細胞に四つの遺伝子を組み込み、世界で初めてiPS細胞を作製。受精卵を壊す必要がなく、倫理問題が少ないとして注目された。

 山中教授らは今回、成人の顔の皮膚の細胞や関節にある滑膜の細胞に、マウスの場合と同じ四つの遺伝子を導入。人やサルのES細胞の培養用の増殖因子を使ったり、マウスより長く培養したりして、人間のiPS細胞をつくるのに成功した。この細胞が、神経細胞や心筋細胞、軟骨などへ分化できることも確認したという。

 山中教授は「再生医療の実現にはまだ少し時間がかかるが、ねらった細胞に効率よく分化させたり、安全性を高めたりして、臨床応用につなげたい」と話している。

 一方、米ウィスコンシン大のチームは、山中教授らの4遺伝子のうち二つを別の遺伝子にして、新生児の皮膚細胞からiPS細胞をつくった。



山中伸弥教授
参照


ちょっと興奮してます。これは世紀の研究成功なのではないでしょうか。ウィキペディアには何も載ってませんが、そのうちこのニュースは世界中で報道されるでしょう。(NHK報道済み、大絶賛!)

人間のすべてのパーツを再生できるようになる、内蔵系は全てクローンできる、しかも自分の細胞で拒絶反応は皆無、皮膚細胞からの万能細胞をとりだし移植するので倫理的な問題も一気にクリア。一挙に癌細胞の完全コントロール、癌治療にも根本的問題の解決法をもたらすことも期待。

僕が手術してとった胆嚢なんて必要ない臓器の一部だけど、それすら皮膚から培養、移植可能。世界中の人々がこの研究成果の恩恵を受けることになる。治療不可能の病気で稼ぐ病院がなくなる。

更なる研究の資金援助や、特許関係、政治的支援や、国家間の引き抜きでごたごたするだろう。しかし山中伸弥教授はすごい人生を歩いていくことになることと思うが、研究の成果はそれを超越したものであることは確かです。

いま中国の杭州にいますが、あまりの興奮でとりあえず書き込み。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macshanghai.blog116.fc2.com/tb.php/94-8568d7bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

News by daylife

最近の記事

インフォメーション


***お知らせ***      4月より東京勤務になりました。上海へは出張ベースで。

Thatsping

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。